~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

満月

夜空を見ると、満月に近い月を発見。


早速、夜の月をデジカメで撮ってみました。





DSCN0053.jpg






さすが、光学35倍ズーム。

有名なクレーターも綺麗に見えます。



DSCN0057.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/05/10(水) 22:06:08|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワンずの療養食&サプリメント

カンナの歯槽膿漏事件?以来、ワンずの歯磨きや歯石が気になっていた私。

以前、ナナもマズルが腫れたことがあり、おそらくそれも歯槽膿漏が原因だったはず。

歯磨きは毎日しているけれど、奥歯の方が不十分だったようで、無理やり口の中を広げて見た時、

歯石がびっしり付いていた2ワン。


しかも、ふたりとも歯が抜けたことがあるし。。。


先月、ナナの歯の様子を調べてもらおうと、掛かりつけの病院へ行ったのですが、歯石を取るには

年齢的に麻酔の危険があると言われ、いちど尿検査をしてみましょう、と採取用の器具(針なし注射器)を

預かっています。


12時間の絶食絶飲後のオシッコでなくてはならず、前回の休日には私の仏心で採れませんでした。

朝起きて、食事を摂らずに散歩へ出たものの、朝から暑い日で、帰宅してから水をあげないのは可哀想

だと、つい水をあげてしまいました。

起きてすぐの頃も、なかなかオシッコをしてくれなかったので、散歩から帰ってからと思ったのが計算

違い。


次の休みは連休だったので、摂れても病院は開いていないし。




歯周病菌は、腎臓にも悪い影響があると調べていたので、今さら遅い感がありますが、いや今からでも

遅くない!

と、ヒルズのt/dを取り寄せてみました。  “歯と歯茎の健康に” 1㎏で1,800円くらいします。



DSCN0157.jpg




“小粒”とのことですが、いつもあげているフードと比較すると。。。“デカイ!デカすぎる!”


DSCN0037.jpg



何でも、↓ こういうことだそうです。


t_img02.jpg


毎食このフードだと、お金も掛かるし、2ワンの顎も疲れそう。。


なので、今のところ、夕食後に3粒ずつあげています。今までのフードと半分半分でも良いのかも。




それから、少し前から“デンタルバイオ”を与えています。

DSCN0153.jpg


カンナを連れて行った病院から、“Kブラッシュ”という歯石除去の液体薬を購入し、2ヶ月使ってみましたが、

使用するとナナが吐くようになってしまい、途中で止めました。

歯に塗った途端、吐くんです。 おかしくない? → 止めよう。


それで、色々と歯石に効くものを探していると、“デンタルバイオ”に行きつきました。

サプリメントですが、口腔内の悪玉菌に効くようです。

歯石は、なかなか取れるものではないと思うので、せめて悪玉菌が他の臓器等に悪さをしないように

出来ることは何でもやってみたい、と思う飼い主。



とにかく、体に悪いことは止める、体に良いことは進んでやってみる、をモットーにしている飼い主です。

  1. 2017/05/09(火) 22:54:23|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大分の法事


今日は、大分の従兄の四十九日と、叔母の13回忌を兼ねた法事に出席しました。

従兄は、昨年の初秋に会った時は元気にしていたのですが、今年に入り急性白血病を発症し

あっと言う間に亡くなってしまったのです。


私の周りには、白血病を発症した人が数人いて、全員無事に仕事復帰していたので、昔と違って

白血病は治る病気という認識がありました。

しかし、歳を取ってからの発症は命の危険が大きいそうです。

この従兄は、十数人居るいとこの中ではいちばん年長者で60歳代でした。


今までの親戚の葬儀では、父や叔父叔母ばかりでしたが、いとこの中で初めて亡くなったのを

経験すると、そういう歳になったんだな~と、改めて健康に留意する気持ちが強くなりました。



法事を終え、夕方実家へ戻り、通夜会場へ向かいました。

子供さんが多いご家族なので、学校関係の方々の弔問が多く、子供たちも沢山来ていました。

ご主人は、弔問客が言葉を掛ける度に涙を流されていました。


共通の友達は先に来ていたので、声を掛けると、亡くなった原因を病院側は断言していないけど、

医者のご主人が言われたのは、おそらく心筋梗塞だろうとのこと。

救急車で運ばれたのは、このご主人の病院のようでした。

亡くなった奥様のご家族と友達夫婦は、家族同様の付き合いをしていたので、辛いだろうな。。。



毎日、ワンたちの散歩で通りかかるお宅なので、これから先、姿を見かけたら何と声を掛けたら

良いのか、気が重いです。



  1. 2017/05/07(日) 21:44:07|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

連休の合間に


明日、大分で法事がある為、東京の兄が帰省しました。

私は、5月4日から7日まで休みなので、空港に迎えに行こうと思いましたが、何せGW中です。

連休中は、必ず事故がある高速道路は使いたくないし、一般道も混雑します。

兄は、空港でレンタカーを借りて、鵜戸神宮や日南海岸へ行ってみたかったようですが、混雑

するよと伝えると諦めた様子。

明日の大分行きが無ければ、私が付き合うところでしたが、2日連続の遠出は明後日から仕事の

私にはキツイ。。。


という訳で、近場の“西都原古墳群”へ行くことになりました。

私が最後に行ったのは20代の頃、もうどんな所か忘れるくらい記憶が薄い場所です。



まずは、MAPから。


map.jpg



“鬼の窟(いわや)古墳”正面。

DSCN0008.jpg


内部。

DSCN0011.jpg


“鬼の窟古墳”裏側。

DSCN0012.jpg


別の円墳と東屋?。

DSCN0013.jpg


“酒元ノ上横穴墓群”

DSCN0003.jpg


巨大円墳と前方後円墳の入口。宮内庁が管理をしているのか、立ち入り禁止になっていました。

皇室と関わりのある天皇家系の誰かのお墓なのでしょうか。

DSCN0002.jpg


MAPで比較しても、“鬼の窟古墳”の数倍はあり、円墳では日本一の規模だそうです。

奥の方に、少し盛り上がった部分が見えます。

DSCN0001.jpg



宮崎県は全国的にも古墳の多い県で、また、巨大な前方後円墳や横穴式古墳などが特に多い県

だそうです。


西都市にある“西都原古墳群”。

東西2.6㎞、南北4.2㎞の広い地域に点在する古墳群は周囲が大自然に包まれ、300余基の古墳数を

有しています。

古墳の形態は、円形墳、前方後円墳、方形墳、地下式古墳等からなり、今から約1700年前の古墳時代

に造られた物と言われています。


私たちが訪れた5月は、ツツジの綺麗な場所があるらしいのですが、広すぎて見つけられません

でした。

いちばんの見どころは、春の菜の花と桜の時期です。(以下の写真はお借りしました)


tat_main.jpg


夏には、ひまわり。

1307_02.jpg


秋には、コスモス。

1211sc04.jpg




他にも、“西都原考古博物館”があります。

2.jpg


とても立派な造りで、県立なので入館は無料です。

kankosaito52.jpg


建物内部の一部。

IMG_3757-31902.jpg


20120327230950352.jpg


1001-213.jpg


宮崎の田舎にも、こんなに立派な博物館があるのだと感心しました。

また、来年の桜の季節に訪れてみようと思います。


昼食をレストランで摂った後は、お土産店を覗いたり、また歩き回った後でテラスでゆっくりしたりして

その後、西都市の“さいと温泉”へ向かいました。


皆が揃うのを待っていたところ、会社から携帯に電話が入りました。

GWも営業していて、女性陣は休みですが、男性は交代で出勤していました。

電話は社長からで、うちの会社で新築していただいた顧客で、私と同じ団地に住む方の奥様が

亡くなったとのこと。

“ええ~~~っ?!”と驚くしかない私。

同じ団地だし、時々話もするし、家にもお邪魔したことがあるし、具合が悪いという話は聞いてないし。

慌てて、共通の近所の友達に電話をしてみると、昨日急に具合が悪くなり、救急車で運ばれて

今朝亡くなったとのことでした。

原因がハッキリしていないらしく、ご主人が仕事中のことで、小学生の子供さんが救急車を呼んだ

そうです。

4人兄妹の子供達ですが、いちばん下の子はまだ2歳です。

子供達のことを思うと、可哀想でなりません。


今日は仮通夜で、明日が通夜とのことで、大分の法事から戻ったら、その足で向かうことになりそうです。




“さいと温泉”を出てから、帰途に着く途中、“都農ワイナリー”へ寄ってみました。

夕方5時を回っていたのと、少し曇っていたので、霞が掛かったような風景です。


DSCN0062.jpg



その後、実家の近くのレストランで夕食を済ませ、自宅に戻ったのが夜の8時前。

丸1日動き回ったので、結構疲れました。


明日は、大分の法事と、ご近所の奥様の通夜の掛け持ちです。

  1. 2017/05/06(土) 22:49:23|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お友達のワンちゃんが「虹の橋」へ

GWの休みに入ったばかりの今日、北海道のブロ友さんからメールがきました。


あれ?久しぶり~、ナナの誕生日のお祝いメールをくださったのかな?と読み進んでいくと、

何と!愛犬の“ナナちゃん”が5月1日の夜遅くにに亡くなったとの内容でした。


“ええ~~~っ!うそ~~っ!”思わず声を出してしまう私。。。


明日の5日は、ナナちゃんの15歳の誕生日。その日を待たずに旅立ってしまったナナちゃん。



心臓や腎臓を悪くして、療養食で過ごしていたのはブログを見て知っていました。

ナナままさんのブログは、いつも数か月前の内容を書かれていたので、最近のナナちゃんの

様子は知りませんでした。

15歳も近づくと、寝ていることも多かったとのこと。

私も、シニア犬に見られる症状だし、特に気にはしていなかったのですが。。。

まさか、亡くなったとは信じられませんでした。


ナナままさんとは、とても長いお付き合いになります。

元々は、ナナのホームページを立ち上げていた頃、ナナの初めての出産で生まれた子供達が

みんな亡くなってしまい、お見舞いのメールをいただいたのが始まりです。

私がメールに気づかずに数か月放置状態だったのに、再度ご連絡をいただき、感激の初めまして

のご挨拶をしたものでした。

とてもお優しい言葉を掛けてくださり、それ以来のお付き合いです。

うちのナナと同じ名前で、ご自身が始めるホムペに“ナナと一緒に”という題名を付けたかった

けれど、私が使っていた題名だったので、目に留まりご連絡くださったのです。

“どうぞ♪同じ題名を使ってください。”とお伝えしたのですが、遠慮されて“with ナナ”にされた

経緯があります。


数年前には、私が北海道へ旅行した際にお会いして、旭山動物園や富良野に一緒に行ったり、

ご主人と一緒に食事をしたりと、とても親切にしていただきました。

その時、初めて生のナナちゃんと対面して、ブログの写真でしか見たことがないワンちゃんが

目の前にいる感動を覚えたのを、昨日のことのように思い出されます。


“生きとし生けるもの”いつか必ず別れがやってきます。

我が家のナナとカンナも例外ではありません。

ご近所のお友達のワンちゃんもだった。。。


でも、考えたくないし、認めたくないです。


うちのナナも13歳になりました。

今まで一緒に居た時間を折り返しても、同じ分だけ続きません。

だから、うちの2ワンとの時間を大切に、悔いのない生活を送りたいと改めて思わされる悲しい

出来事でした。



2ecb7ebc8bdd78cad3a10ca92885f17d.jpg



“ナナちゃん、今までありがとうね!いつかまた虹の橋で会いましょう♪”

ナナちゃんのご冥福をお祈りいたします。

  1. 2017/05/04(木) 22:33:51|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→