~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

ナナとカンナの検査

先週のナナの歯石取り&抜歯の手術から1週間が経過しました。


ナナの口の中を診てもらうためと、カンナの角膜炎の経過検診に病院へ行ってきました。


ナナのエリザベスカラーは、手術から4日後には外しています。


おとなしく付けたままでいてくれましたが、やはり気になるらしく、床に顔を擦り付けるので


逆に悪いと思い外したところ、擦り付けるのは止みました。



病院で診てもらったところ、特に問題も無く、このまま柔らかいフードを続けるように指示されました。


犬歯を抜いた跡は、やはり縫合しているとのことで、硬いフードが当たると治りが悪いらしいのです。


3週間程度は、硬い食べ物は避けるように言われましたので、このまま暫くはフードはふやかしたもの、


おやつは、りんごのすり潰したものや柔らかい果物、トマト等をあげたいと思います。



昨日で痛み止めの薬は終わったのですが、さすがに歯磨きに歯ブラシを使うのはまだにします。


今は、指にガーゼを巻いて、前歯だけ磨いています。


奥歯の方は、まだ拒否反応があるので、術後3週間を待ちたいと思います。



さて、カンナです。


診ていただいたところ、“随分綺麗になりましたね。”と嬉しい言葉が。


“オプティミューン”と言う、お高~い目薬軟膏を使い始めて1ヶ月ちょっと。


前回もらったものは、もうなくなりましたので、また処方していただきました。


1ヶ月6,480円の薬を生涯使い続けるのは大変なので、医師にジェネリック薬品があること、正規品の


オプティミューンを個人輸入代行会社から購入したい旨を伝えたところ、選択は自由なので自己責任で


お願いしますと言われました。



元々、オプティミューンは外国のお薬なので、輸入できるのです。


ただ、それでも1本3,600円ほど掛かります。


まあ、病院価格よりは断然お安いので、今回いただいた薬がなくなれば、輸入品を使いたいと思います。


別に処方されていた“リンデロン”は、今回はありません。抗生剤なので、長期使用は医師も望んでいません。


オプティミューンの他に、もう少し安価で液状の目薬がないのか聞いてみましたが、“シクロスポリン”という


免疫抑制剤を使うのがいちばん効果的とのことで、オプティミューンが一般的だそうです。


オプティミューンは、軟膏なので使いにくく、何度も失敗して目の中に入らず無駄にしました。


高いけど、これがベストな薬なら仕方ないですね。。。




カンナの角膜炎は、“免疫性色素性沈着角膜炎”とのこと。(色々な病名の目の疾患リストを見せられ、


似た様な病名が多く、これかな?的な指摘だったので、はっきり覚えていませんでした)


今後は、2~3ヶ月毎に定期的な検査をするように言われています。



最悪、目が見えなくなることは避けられたようなので、ひと安心です。



本日の病院代。



DSCN0362.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/07/20(木) 20:13:54|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナナを迎えに

昨夜は、枕元に携帯を置いて寝ました。


もし、夜中ナナに異変があれば連絡が来るはず・・・


でも、何事もありませんでした。


ナナが居ない家の中は、やっぱり寂しい。。。



朝、起きると、カンナをちゃちゃっと散歩に連れて行き、私と言えば朝食も摂らずに出掛ける支度をして、


カンナを置いてナナを迎えに病院へ行きました。



行きつけの病院は、医師が二人居るのですが、いつも担当してくださるのは院長です。


ただ、今回はもう一人の医師から説明を受けました。


何でも、歯科専門の先生だったようです。知らなかった・・・。


ナナの手術は、何と3時間も掛かったそうです。



院長が言っていましたが、この病院では、毎日のように歯石取り&抜歯の手術をしているそうです。


それだけ、歯周病になる犬猫が多いと言うことです。


特に、犬種では、ミニチュアダックス・トイプードルが圧倒的に多いとのこと。


口が小さい割に歯が大きく、隙間が少ないので歯垢が溜まりやすく歯石も多いとか。



ナナとカンナは、前歯は綺麗なのですが、奥歯に歯石が沢山付いています。


ナナは、右側の犬歯の歯肉が後退してしまい、歯骨まで見えてしまうほどになっていました。


恐らく、犬歯は抜かれているはず・・・と思いながら。



レントゲン写真を見せてくれて、歯肉の状態、どの歯を抜いたのかを説明してくださいました。


犬歯はすでにグラついていたそうです。他にも何本か。


歯肉が弱っていた歯は抜いたとのこと、別に2本気になる歯もあったけれど、まだ大丈夫だろうと


残しているそうでした。


もしかすると、今日はくしゃみをした時に鼻から血が飛び出るかもしれないとも言われました。



そして、見せられた抜歯はこれです。




DSCN0352.jpg



全部で8本有りますが、1か所に2~3本くっ付いて生えている物もあるので、実際には6ヶ所くらいでしょうか。


“柿の種”の形の物は、気になっていた右側の犬歯です。


実際に見えている部分は綺麗なのですが、歯肉に隠れていた部分はとても汚れています。


これが“歯周ポケットの中”なのです。


歯周病は、見えない部分(歯周ポケット)に汚れや細菌が溜まり、歯茎を弱らせ歯骨を溶かしてしまう


怖い病気です。



もっと早く歯石取りをしてもらっていれば、抜歯しなくても済んだかもしれない。


やはり、歯磨きも不十分だと歯石が溜まってしまいます。


歯石に対して、もっと十分な知識を持っていれば、と後悔ばかりです。




医師の説明が終わり、ようやくナナが連れて来られました。


いつもながら、入院直後のナナは弱弱しく、見ていて可哀想になります。



エリザベスカラーが付けられていたのですが、医師からは1週間は付けておくよう指示がありました。


フードは、1ヶ月程度は柔らかい物を食べさせるようにとのこと。


残っている歯には歯磨きをしても大丈夫だけれど、暫くは口の中が痛いので嫌がるでしょうとのことでした。



また、1週間後に診察に来るように言われ、6日分の痛み止めの薬と、10日分の抗生剤をいただいて


帰りました。



DSCN0349.jpg




ここの病院は、歯石取りだけで5万円くらいと聞いていたので、抜歯の本数が不明だったため10万円持って


来ましたが、6万ちょっとでした。


ナナとカンナを合わせ、ここ2ヶ月程度で合計11万円超えの出費は“イタ~~イ!”


入ってくるお金は変わらないので、他に出ていくお金を節約しなくちゃ!ね。



先月血液検査をしたばかりのナナでしたが、また手術前にも血液検査をしたようです。




DSCN0356.jpg



どれも、正常値でした。



そして、ようやくご帰還です。



DSCN0345.jpg



カラーは病院からの貸し出しです。今回もガムテが付いてました。


結構使い回している物らしく、縁はボロボロでした。首輪も病院の物を付けていて、カラーを紐でくくり付けて


いましたが、首輪とガムテは外しました。



DSCN0348.jpg



何だか、やつれて見えるナナです。



DSCN0350.jpg




でも、無事に帰って来れて、本当に良かった♪


長い手術だったけれど、よく頑張ってくれました。


暫くは抜いた跡が痛いけど、今までずっと我慢していた痛みがなくなるはず!



残った歯は、抜歯しなくて済むように、今後の歯磨きを頑張りたいと思います!

  1. 2017/07/14(金) 21:21:55|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナナの歯石取り&抜歯当日

いよいよ、本日はナナの手術日です。


今朝は絶食、飲み物も控えています。



午前11時までに連れて来てください、と言われているのですが、なるべく違う環境でのストレス軽減の為、


ギリギリに病院へ行く予定です。



今朝のナナ。



DSCN0340.jpg


DSCN0338.jpg


DSCN0341.jpg




朝の散歩に連れて行きたかったけれど、水が飲めないので中止しました。


私も、朝食は抜きです。



カンナは、置いて行きます。



DSCN0318.jpg



出掛ける時に、カンナへの朝食と水を置いて出ました。




病院へは、10時40分頃に到着し、受け付けを済ませ診察室へ。


聴診器で診察を受け、体重を量りました。


前回4.7キロだったのには驚きで、今までで最高の体重だったのですが、今日は4.4キロでした。


絶食絶飲しているので、若干軽いのは当然ですが、医師からは体重は減らさないように言われています。


でも、ナナのベスト体重は4.3キロくらいなんですよね~。



最近、歯のケア用にヒルズのT/Dを追加で与えているのですが、粒が大きすぎて、本来のフードの調整量が


判らず、多分食べ過ぎなのだと思い、少し減らした結果だと思います。



医師に抱かれて別の部屋へ連れて行かれるナナを見送り、カンナの待つ自宅へ戻りました。


帰りの車の中で、“ナナ、元気で帰って来るんだよ!”と何度も祈りながら。。。



手術は、午後1時からの予定です。


夕方まで、何も連絡が無かったので、無事に終わったのだろうと思いました。



ナナは、13歳3ヶ月で高齢の域に入りますが、全身麻酔のリスクはあるものの、歯周病の行きつく先の怖さ


に比べれば、やはり抜歯してもらうことの方が大事だと思います。



何本抜かれるんだろうか・・・と不安もあります。


麻酔の副作用はないだろうか・・・とも。



でも、ナナはこれまで何度も病気を乗り越えて来てくれました。


今回も、きっと良くなる!今まで以上に元気になる!と思っている飼い主です。




  1. 2017/07/13(木) 20:35:14|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナナちんのサマーカット

先週の予定が、ペットサロンの予約が取れず、今週になった2ワンの爪切り。



この時期なので、ついでにナナのサマーカットもお願いしました。



DSCN0330.jpg


DSCN0331.jpg


DSCN0321.jpg



うん、すっきりしました。



今日のおやつは、リンゴです。



DSCN0303.jpg


DSCN0304.jpg



カンナは、動きが早くて、いつもブレブレでしか撮れません。 

  1. 2017/07/06(木) 20:49:36|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナナの血液検査結果



気になっていた、ナナの腎臓に関する血液検査の結果報告がありました。


内容は、“特に問題ありませんでした。”とのことで、ホッとしました。


比重だけが問題ありで、だからと言って機能的には心配ないようなので、経過観察します。


絶食絶飲後の朝一番のオシッコと言っても、夜中に何度かオシッコに起きているので、最初の


ものではないと言うのも原因かもです。



ネットで調べると、タンパクと比重を自宅で検査できる器具が売っているので、買ってみようかと


思っています。


普段から注意して見ていれば、早期発見できるので安心です。


これで、エコー検査・レントゲン検査・血液検査・検尿で特に異常は無かったので、これからも


ワンズの健康管理に励みます。




ナナちん、ずう~~~っと長生きするんだよ!



DSCN0025.jpg


  1. 2017/05/29(月) 22:23:55|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 次のページ→