~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

ご冥福をお祈り致します。

昨夜、インターネットニュースで飛び込んできた驚きの事実!

女優の川島なお美さんが亡くなったとのこと。。。


私は、もう何年も毎日のように川島なお美さんのブログを見ていました。

と言うのも、うちのナナとカンナと同じ“ミニチュアダックスフンド”のシナモン

ちゃんと息子のココナツくんを溺愛していた女優さんだったからです。


動物愛護にも熱心な方で、生き様と言い、尊敬する女性でもありました。

ご主人の鎧塚俊彦さんが経営されている、六本木の“Toshi Yoroizuka”にも

何度も行き、鎧塚さんと言葉を交わしたこともあります。


今年の初め頃、15年間一緒に過ごした“シナモン”ちゃんが亡くなった時も、

とても残念に思っていたものです。


ご主人の目の病気や、本人の肝内胆管がんを罹患した様子など、一喜一憂

しながら見ていました。


シナモンちゃんが亡くなってから、前にも増して“ココナツ”くんをブログに

露出させていたのが印象的でした。


ブログを見るたびに痩せて行く姿や、最近ご主人と行った海外旅行・頻繁

に行くゴルフの様子などを見ていましたが、今考えると、余命のあるうちに

思い出づくりをしていたのでは?と思います。


これからは、彼女のブログが見られないと思うと、とても寂しいです。

ココナツくんの行方も気になるし。。

ご主人の鎧塚さんはパティシエで忙しいから、彼女の元マネージャーの

青木さんが引き取られるのかな?


でも、“虹の橋”でシナモンちゃんと再会して喜んでいるんだろうな~。


今は、ただただ、川島なお美さんのご冥福をお祈りするばかりです。




スポンサーサイト
  1. 2015/09/25(金) 13:47:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Pepper(ペッパー)登場!

今日から、会社の新常設展示場がオープン。

オープンイベントの期間中、“Pepper”を特別ゲストで“ご招待”。



DSCF3218.jpg


DSCF3219.jpg


DSCF3216.jpg


DSCF3217.jpg


DSCF3215.jpg



色々な機能が内臓されていますが、会話だけを取ると、“会話がかみ合わない”という感想です。

一方的に話しかけてくるのですが、こちらが返事をしても無視されたり、話題を変えられたり。。


“スケーラー”という機能では、私の身長を測ってもらったのですが、ぴったり当たっていて、

すごい!と思いました。

展示会が始まる時間の前に、毎日声を掛けて楽しみました。


それにしても、“初めて聞くダジャレ”の数々は面白かったです。

  1. 2015/09/23(水) 21:06:10|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今年もやって来た

毎年待ちかねているこの季節。

それは、これ。




DSCF3197.jpg



都農町・「KAWANO農園」の“シャインマスカット”です。



週末は農園近くの別荘に行く友人に頼んで、買って来てもらいました。



種無しで皮ごと食べることが出来るブドウです。

芳醇なマスカットの香りと、糖度20度以上という甘さが特徴の新種ブドウ。


この季節に食べるのが楽しみで、3年間続けています。

収穫が終わるまでは、毎週買い続けることになります。

  1. 2015/09/13(日) 21:56:41|
  2. グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

健康診断で

毎年の健康診断の時期がやって来ました。

昨年は、いつも利用している病院が予約で一杯だったので、別の病院で健診を

受けました。

そして、初めて胃カメラを飲んだのですが、口からでも鼻からでも良かったので、

昨年は鼻からでお願いしました。


今年は、いつもの病院で予約が取れていたので、昨年同様鼻からお願いしようと

思っていたら、“うちは、口からの胃カメラになります。”と言われ、


と言うのも、口からはキツイと聞いていたので、いきなり言われても心の準備が

出来ていない状態で。。

事前のアンケート用紙で、“鎮静剤の注射”を希望するかどうかを記載するものが

ありましたが、昨年の鼻からのカメラは思ったより楽だったので、今年も鼻からなら

と特に希望しませんでした。


「口からだとキツイと聞きますが。。」と看護師さんに言うと、「人によりますね~。」

のひと言でした。


覚悟を決めて、診察台に横になり、初めての口からの胃カメラを体験しました。

さすがに、喉を通る時は“おぇ~”となります。昨年の病院と違って、管も太かったし。

やはり、口からの挿入だとしゃべることが出来ません。鼻からだとしゃべれるのに。


何とか、無事に胃カメラ検査を終えて医師の説明を受けました。

昨年と同様、ポリープが3個ありましたが、1個の大きさは1~2mmで経過観察で

大丈夫とのこと。

胃の中の写真では、所々に内出血のあった昨年より綺麗に見えましたが、やはり

慢性胃炎とのこと。但し、症状は軽いらしく特に問題は無いと言われました。

慢性胃炎ならピロリ菌が居ると思うので、除菌した方が良いのでは?と質問すると

「居るかどうかは判りませんよ。でも、特に必要性はないですね。」と意外な返事。


慢性胃炎=ピロリ菌=除菌と思っていたのですが、必ずしもそうではないみたいです。

慢性胃炎とは言え、何の自覚症状もないし、医師からも治療の必要性は無い旨の

診断が出たので、まずはひと安心です。

後は、血液検査の結果待ちです。


ひとつ驚いたのは、視力がかなり回復していたことです。

いちばん悪かった頃は、両方とも0.3だったのが、近年は少しずつ良くなっていて、

今年は0.9と0.8でした。

一時は、免許証の更新時に眼鏡が必要になる寸前の時もあったほどです。

元々、視力は最高で2.0の時もあったのに、コンピュータの仕事のせいで転がり落ちる

ように視力後退。今では、夜だけ車を運転する際に眼鏡を掛けています。


このまま、視力が良くなるといいのだけれど。。



  1. 2015/09/07(月) 22:19:58|
  2. 私のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
| ホーム |