~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

涙が止まらない。。。

夜、撮り溜めていたテレビ番組の録画を見ていたら、あるペット番組で放送された内容に

愕然としました。


それは、“売れ残ったペットショップの犬猫”の行く末を取り上げたものでした。

ペットショップで売られている犬猫たちは、大体半年を過ぎるとショップには置かれなくなります。

そんな売れ残りの子たちを、有料で引き取る業者がいるのですが、あまりにも劣悪な環境で

ケージの中に入れられている子が映し出されていたのです。


爪が3㎝くらいに伸びきってる子や、明らかに病気だと判るのにそのまま放置されている子。

運動もさせてもらえず、何年もケージの中に入れられたままだったり、病気になっても治療を

受けさせてもらえない子たちです。

何十個ものケージが積み重ねられ、糞尿にまみれている子たち。。。こんな環境の中で生活

していたら、病気になるのは当たり前。

思わず、目を背けたくなる画像でした。


結局、有料で引き取ったものの、買い手が見つからず、そのまま大きくなってしまい、食事も

水も満足に与えられておらず、ただ死を待つのこの子たち。。。。


こんな生き地獄を味わうことになるのであれば、いっそ。。。と思わざるを得ない思いでした。


そんな環境の子たちを、ボランティアの方が少しずつ引き取って新しい飼い主を捜している

様子も映し出されていましたが、圧倒的に多いケージの中の子たちです。


その中に、ケージの中で動かなくなっているダックスの子がいました。

ボランティアの方が、“この子死んでる?”と、手繰り寄せてみると、すでに虫の息でした。

病院へ連れて行き、段々と下がって行く体温をドライヤーで温めながら懸命の処置をした

ものの、結局この子は助かりませんでした。


ケージの中で動かなくなっていたこの子は、とてもやせ細り、もうずいぶん長く同じ姿勢で

横たわっていたことが明らかに判る状態でした。病気だったのか、餓死だったのか。。。


後に、この引き取り業者は、動物への虐待で検挙されたようです。


私は、見終わった後も涙が止まりませんでした。

食事の後の洗いものをしている時も、涙が溢れて前が見えなくなり、20分くらい泣いてました。

その後も、仕事中思い出しては泣き、目を腫らすこと数回。


あの子たちは、こんな運命になる為に生まれてきたんじゃない!

そう何度も思いました。

何処かで幸せに暮らしていたかもしれない。。

たまたま、ペットショップにいた間に、良い人や運命の人に巡り合えなかっただけ。

もしかしたら、あと数日で幸せになれたのかもしれない。。。



嫌な言葉のひとつ、“ペットブーム”・・・

ペットを飼うことに“ブーム”があるなんて考えられない。

ブームだから、悪徳繁殖業者が大量に無理な繁殖を繰り返し、大量の“売れ残り”が発生

したのです。

そんなブームを受け入れている人は、ペットをただの“物”としか思っていないはずです。

ペットを“物”だと思っているから、簡単に保健所へ連れて行くのです。

人間を保健所へ連れて行きますか?ガス室へ送りますか?

“物”だと思っているから、そんなひどいことができるんでしょ?


世の中で、ペットと楽しく暮らしている人々は、ペットのことを“癒される存在”だったり、“家族、

友達、分身・・”と思いながら一緒に生きているのです。


ペットを“物”としてしか見られない人には、ペットを飼う資格はありません!

そんな人達がいるから、あれ程の悲惨な末路を迎える子たちがいるのです。


日本では、まだまだ“保健所の殺処分をゼロにする”ことが精一杯の目標であって、本当は

何よりも大切なことである“ペットショップで犬猫は売らない”ことは重要視されていません。


ドイツでは、犬猫の展示販売はされておらず、里親探しでペットを迎えていると聞きました。

以前、テレビを見て知り、素晴らしい取り組みだと感動したものです。

日本も、いつかこの様なシステムが取り入れられることを願って止みません。






スポンサーサイト
  1. 2016/10/27(木) 21:12:57|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

“ととろ”のバス停



家族で別府温泉に行く途中、ちょっと有名?な“ととろ”のバス停に寄ってみました。


NEC_1823.jpg


NEC_1821.jpg


NEC_1819.jpg


NEC_1815.jpg


NEC_1810.jpg


NEC_1809.jpg


NEC_1812.jpg


NEC_1813.jpg


NEC_1818.jpg



前に、個人の人が“ととろ”というバス停に「となりのトトロ」のキャラクターを飾り付けたと

いう話を聞いたことがありました。


大分県佐伯市宇目町という所にあるのですが、実際に大分バスが停まるみたいです。

バス停の位置が反対側に変わったのかな?


兄が行ってみたいと言うので、どこに有るかも知らなかったのですが、こんな所にあった

んだ~という感じ。


何でも、観光バスもやって来るらしいです。なるほど、可愛かったですよ~。

  1. 2016/10/21(金) 22:31:02|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

家族で食事

東京の兄が帰省しました。

毎年、お盆の混雑を避けて10月に帰省します。

何故なら、地元の“鮎やな”に行く為です。

私は、鮎(川魚全般)がそれほど好きではないので同行しません。


“宮崎牛”が食べたいと言う兄の希望で、“みやちく”に夕食を食べに行きました。

鉄板焼きのカウンターで戴きましたが、私は脂身が嫌いなので、モモ肉のステーキを

頼んだのですが、これがまた何故か“サシ(脂肪)”がタップリ!

宮崎牛は、ヒレ肉でもサシが多いのでモモにしたのに、何でだ~~。

兄は“ロース”だったのですが、何故かロースの方がサシが少ない。。。


母は脂身が好きなので、何も言わずに食べてましたが、私はちょっと胸やけ気味。


コースで戴いたのですが、肝心のお肉以外は大満足でした。


また、写真を撮り忘れ、デザートの段階で気づくと言ういつものパターンです。


NEC_1824.jpg


焼いたお肉を載せていたパンがデザートに変わります。

バターで焼いたパンにグラニュー糖をまぶし、バターでソテーしたバナナを添えて

チョコレートがけしたものです。食べられるお花を散らしています。

バニラアイスにトマトとマンゴーのソースが合って、とっても美味しい♪。


次に食べるときは、絶対“ロース”にします。

  1. 2016/10/20(木) 21:10:00|
  2. 食事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
| ホーム |