~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

ナナに“乳腺腫瘍”が。。

一昨日の夜、ナナのお腹を触っていたら、左胸の乳頭の隣に“しこり”を発見!

もしかすると“乳腺腫瘍”かもしれない、と昨夕病院へ連れて行きました。


獣医師の触診では、やっぱり“乳腺腫瘍”。

良性か悪性かは、切り取って病理検査をしないと判らないとのことでした。

大きさは、小豆くらいなので、まだ初期の段階だと思いますが、獣医師からはすぐに

手術しましょうとは言われませんでした。

大きさに関係なく、良性の場合もあるし、悪性の場合もある。確率は半々だそうです。

手術するかどうかは、飼い主の意思に任せることになります、と言われました。


患者(犬)の中に、直径が数センチにもなり、自壊(破裂)するまで放置されていた

子が居たけれど、調べたら良性だったと言う話も聞きました。

反対に、数ミリのしこりでも、既に肺などに転移していて手術が出来ない子も居たり。


私は、ナナのしこりを見つけた時点で、手術で切り取って欲しいと思っていたので、

手術の予約をして帰宅しました。

手術の予定が詰まっているらしく、ナナの手術は2週間後の28日になりました。


ナナは、これまで、初めての出産時に2匹死産で帝王切開。唯一生き残った子は、

1週間で亡くなりました。産後の経過が悪く、何も食べなくなり、このままでは

ナナが死んでしまう!という状態にまでなっていました。

その後も、ヘルニアを発症。一時は、後ろ足が完全に麻痺していましたが、飲み薬

だけで治りました。

そして、今回の“乳腺腫瘍”です。

飼い主の私は、元気でぴんぴんしているのに、もしかするとナナが私の身代わりに

なってくれているのかもしれません。


食欲もあるし、普段と変わらないので、このまま見過ごしていたら大変なことに

なっていたかも。。

ナナは、あと2ヶ月ほどで8歳になります。フードもシニアに変えたりして、健康

には注意しているつもりです。でも、病気になる時はなるのですね。。


ナナちゃん、“しこり”が良性だといいね。


DSCF4076.jpg


スポンサーサイト


  1. 2012/02/15(水) 13:47:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<手術の延期 | ホーム | 日帰り温泉バスツアー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/113-b5782777
| ホーム |