~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

抜糸

ナナの抜糸が済みました。

予定の日どおりに抜糸していたら、まだ全部は取れていなかったと思います。

手術から10日目の今日、病院で処理してもらいました。



抜糸後のお腹です。左側のおっぱいが3個なくなってます。

DSCF4565.jpg

まだ、かさぶたが残ってます。痛々しい。。。



実は、私も油断していたのですが、もうそろそろ解禁かな~と、前々日の

就寝時にカラーを外してあげていたら、夜中に自分で抜糸していたのです。

自分で届く範囲なので、下の方の3センチくらいを噛み千切ったみたいで。

傷口を見ると、ちょっと赤くなっていました。

その日の留守中はカラーを着けていましたが、これまたカドラーを無理やり

入ったり出たりしたらしく、ウエブカメラで見るとカラーが外れていました。

まあ、予定通りなら抜糸が終わっている頃なので、大丈夫かなと思いつつ病院へ。


特に何も言われることなく、全部の抜糸をしていただきました。

前にも、帝王切開後の抜糸をしてもらったことがあるのですが、痛そうに

見えるけど本人はいたって平気そうです。


肝心の“乳腺腫瘍”ですが、切り取った検査標本には、手で触って判る腫瘍とは

別に、それよりも大きい腫瘍があったことが驚きでした。

病理検査は、アイデックスラボラトリーズ(株)という東京の専門の検査機関で

受けたようです。

左側第3乳腺部腫瘤=初期の乳腺の腺腫
左側第4乳腺部腫瘤=乳腺の複合腺腫(第3腫瘤よりも大きい)
左側第5乳腺部腫瘤=腫瘍組織は検出されず
左側鼠径リンパ節=腫瘍細胞の転移は見られない
※コメント
 検査標本上、検出された何れの腫瘍塊も切除されているように見える。
 比較的早期に切除されているので、切除部位での予後は良好と推察。
 但し、Mダックス等の小型犬は、多発性乳腺腫瘍発生することが多いので、
 将来的に残存乳腺組織から個別乳腺腫瘍が発現する可能性が高い。
 
この他に、ナナにはホルモン分泌不均衡があり、卵巣や子宮の異常に注意が必要

とのことでした。


今回の手術で、一緒に避妊も考えました。

そうすれば、子宮の病気にはかからないはず。。。でも、やっぱり、現時点で健康な

内蔵を取ってしまうことにどうしても抵抗があります。


とにかく、注意深く身体を観察したり気遣うことで、大病は避けられると思います。

ナナちゃん♪長生きしてね~。


 

スポンサーサイト


  1. 2012/03/17(土) 20:49:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今度はヘルニア | ホーム | 良性!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/119-c87e4792
| ホーム |