~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

手術から帰宅

ナナの手術が終わり、2泊の入院を待ってお迎えに行ってきました。

日曜日の来院になりましたが、他にも入院犬の様子を見に来られた方などが

居て、少しの間病院を開けていたようです。


さてさて、診察室でナナと2日ぶりのご対面。

私の手作りのカラーを付けて出てきました。

手作りカラーは、医師の奥様や看護師さんや受付の方に好評で、とても可愛くて

ナナに似合ってる♪と褒めていただきました。


入院している間は、あまり食べなかったようで、やつれ気味のナナでした。

そして、レントゲンに映っていた“影”を見せてもらいました。




NEC_0371.jpg




写真の真ん中に、“カシューナッツ”状の影が2つ映っています。

医師は、どの部位(内臓)かハッキリしないらしく、別の角度から撮ったレントゲン

にも薄く映っているとのことで、胆嚢か胃のどちらかだろう、と。


“腫瘍”を疑った私に、別のワンちゃんの転移した腫瘍のレントゲンを見せて

くれました。

それは、ハッキリと丸い形で、ナナのものとは明らかに違う感じでした。


医師からは、抜糸の時に超音波(エコー)で確認してみますと告げられ、そのまま

ナナを連れて帰途に着きました。


それから、3枚目のナナのレントゲンで判ったのが、ナナの肋骨が1本少ないと言う

驚きの事実がありました。

一番下の肋骨が一対になっておらず、片側だけしか無かったのです。

生まれつきのものだと思いますが、今まで何度かレントゲンを撮る機会があったのに、

9歳を前にして初めて知ったのです。



自宅へ戻ってからは、あまり動き回らないようにとケージに入れましたが、ナナはケージ

が苦手だし、トイレシートを入れてもしないので、結局ハウスを使うことにしました。




NEC_0370.jpg



手作りのカラーは布製なので、自由に動き回れる自宅だと、手術の跡を気にして舐めようと

するので、前回の手術で利用したプラスチック製のカラーに替えました。


暫くはストレスの毎日だけど、我慢しようね、ナナちん♪




今回の手術に関する費用

手術料      70,000(乳腺腫瘍・子宮摘出)
皮下注射     5,000
特殊検査 15,000
内用薬(抗生物質) 600
内用薬(痛み止め)1,200
値引き -715
消費税 4,415
合計 92,000



スポンサーサイト


  1. 2013/01/27(日) 17:00:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<抜糸の日 | ホーム | ナナの手術日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/142-4781a7be
| ホーム |