~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

抜糸の日

今日は、ナナの抜糸の日でした。


前回の手術の時は、やはり一週間後に来てくださいと言われていたけど

仕事の都合が付かなかったのと、まだ早いのでは?と思って10日後くらいに

お願いしていました。


今回は、言われた通りに一週間後の抜糸でした。


前回と違って、今回は傷口の周りが広範囲で内出血していて、傷口を見るのも

怖くて全く見ていませんでした。

いちばん下の部分は、ナナの口が届くので、しきりに舐めて赤くなっていたので、

まだ早いのでは、と言う気持ちがありました。


案の定、抜糸は半分だけで、残りは3~4日後に連れて来てくださいと言われました。

それなら、最初から10日後で良かったのでは?と思った私です。

でも、早く抜糸した方が傷の治りが早いそうです。


抜糸が終わり、次にレントゲンの影の部分をエコーで診てくれました。

15分くらい時間をかけて、真上、真横、斜めからと、ナナの体位を変えながら見て

みると、胆嚢の中にふたつの物体が見え隠れしていました。


結論としては、“胆石”の様です。

大きさは、長いところで8mm。

結構大きい方だと思います。


胆嚢の中に留まっているなら良いけれど、胆管に詰まると命に係わることもあるらしい

のです。

だからと言って、積極的に手術をして胆嚢ごと切除する医師は少ないとのこと。

結局、また私が決断することになりそうです。


医師からは、今後どうしましよう、とかの言葉は出ませんでした。

他の動物病院もこんな感じなのかな。。。



それから、病理検査の結果、ナナの乳腺腫瘍は今回も“良性”でした。

ナナは、両側ともおっぱいが無くなってしまいましたが、いちばん上だけは一対で

残っています。

今後、また発症することがあるかもしれないので、注意深く観察しなければ!



スポンサーサイト


  1. 2013/02/01(金) 20:28:16|
  2. ナナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<久しぶりの散歩 | ホーム | 手術から帰宅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/144-03f7cdba
| ホーム |