~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

心温まる出来事

昨日、実家へ行った時の事。

ひとり暮らしをしている母が、先日買い物に出掛けて、重い荷物を抱えて自宅に

帰っていた時の話をしてくれました。


母は、いつも運動がてら、片道30分位かかる大型スーパーへ歩いて行きます。

一週間分の買い物をするので、量も多くなるのですが、自分の裁量でタクシーに

したり、歩いたりを繰り返しています。


今週も、いつものように歩いて往復したらしいのですが、沢山の荷物を抱えていた

母の姿を見た中学生の女の子が、後ろからやって来て、荷物を持ってくれたそうです。

自転車に乗っていたところを降りて、母の荷物を持ってくれて、自転車のカゴにも

入れてくれたそうです。


実家は、坂の上にあるので、母は坂の下で“ここでいいですよ。どうも、ありがとう♪”と

伝えると、その中学生は、“おうちはどこですか?”と聞いてきて、何と自宅前まで坂を

昇って着いて来てくれたそうです。

結構急な坂なので、自転車を押して歩くのは大変だったと思います。しかも、カゴに

荷物が入っているのですから。


その話を聞いて、今時の若い子って色んな子がいるけど、あんな優しい子も居るんだ

ね~♪と、母とふたりで感心しました。

子供の行いというものは、良いことも悪いことも親が関係するもの。

“こんな良い子の親の顔が見てみたい”と、つくづく思いました。


良い話を聞いて、ほっこりしました。
スポンサーサイト


  1. 2015/08/28(金) 23:39:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<健康診断で | ホーム | 贅沢お取り寄せ>>

コメント

No title

こんにちは!

最近若者のろくでもない事件が多い中、良いお話ですね。というか、一昔前は割と普通にあった話なんですよね。今は親の世代がわけの分からない人間が多いので、子どもに期待することは少なく見えますが、まんざら捨てたもんでもありませんね。
 ちなみにうちの実家は丘の上にありますが、確かに買い物には苦労しているようです。以前はスーパーがあったのですが、撤退してしまい、買い物が不便なようです。何とかならないものか。

ではまた!
  1. 2015/09/07(月) 20:53:35 |
  2. URL |
  3. artie #-
  4. [ 編集]

No title

こんにちは、artieさん♪

本当は、気持ちの優しい子たちは沢山いるのかもしれませんが、思ったことを即行動に移せるか否かなんですよね。
犬の散歩をしていると、色々な人たちとすれ違いますが、挨拶しても返事も見向きもしない大人も居ます。
こんな親に育てられた子供は、同じ様にろくに挨拶も出来ない大人になるんだろうな~って勝手に思いながらすれ違っています。
いつの世も、今時の若いもんは!の繰り返しでしょうけれど、親切心は持ち合わせていたいものです。

年寄りには、坂は大変みたいです。私の住まいも山の上なので、車に乗れなくなったら、下界へ引っ越さないといけないかも。。(^_^;)
  1. 2015/09/07(月) 23:30:29 |
  2. URL |
  3. ゆみっぺ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/275-50517d80
| ホーム |