~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

今度は私に・・・。


ここ2~3年、冬になると乾燥肌に悩まされています。

皮膚が痒くなるので、お風呂上がりに保湿の為の乳液が欠かせない時期でした。


昨年の12月始めから症状が出始め、ちょっと早いな?と思いながらも保湿に励んでいた私。

吸湿発熱のアンダーウエアは、考えたら皮膚の水分を取られてしまっていることに。。

乾燥肌の人には逆効果だと思い、その後はシルクや木綿100%のものに変えていました。

現に、吸湿発熱の下着を着るとチクチクするようになっていたからです。


それでも、いつもと違う異変に気付きました。

いつもは、二の腕や肩、足のすねが痒くなっていたのですが、今年はお腹や肘から下の腕にも

湿疹が出るようになりました。







DSCF4031.jpg



痒みも日を追うごとに強くなってきます。

“ん?何か違う。。。他に原因があるのでは?”と気づいたのが今日2月22日。

発症して3ヶ月程度経っています。



そこで、“他の原因”について考えてみたところ、思い当たる節が。。。


“豆乳”です。



実は、毎朝飲んでいた牛乳が、身体に良くないという記事を読んだりしていて、ならば“豆乳”という

結論に行き当たり、昨年11月から毎朝豆乳をコップ一杯飲んでいたのです。


色々調べてみると、大豆製品(豆腐・味噌・醤油など)には出なくても、豆乳にはアレルギー症状が

出やすいということが判ったのです。



「豆乳アレルギー」


多分、そうだと思い、仕事帰りに皮膚科に行きました。

皮膚科では、皮膚の表面を擦って顕微鏡検査をしてもらったけれど、“疥癬”ではないとのこと。

犬や猫には、“ヒゼンダニ”というダニがいることがあり、それが人にも移る場合もあるらしいです。

医師に、11月から豆乳を飲んでいることを告げると、やはり豆乳アレルギーかもしれないと

言われ、アレルゲン検査の為に血液検査を受けることになりました。


とりあえず、抗アレルギー・かゆみ止めの薬を処方され、2週間後に来てくださいとのことで病院を

後にしました。今回は、塗り薬は出ないようです。


アレルギー検査の血液検査料が高く、診察代だけで7,300円くらい掛かりました。

飲み薬2週間分で900円ちょっと、合わせると結構な病院代でした。



それにしても、食物アレルギーなんて生まれて初めてのことです。

花粉症の人は豆乳アレルギーになりやすいらしく、無知なばかりに3か月もの間自分の身体を

痛めつけていたことになります。


丁度、乾燥肌になる時期と重なったのも悪かったのですが。。。





スポンサーサイト


  1. 2017/02/22(水) 23:02:56|
  2. 私のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今度はナナが・・・ | ホーム | 3日後のカンナ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/358-0c1f0ace
| ホーム |