~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

カンナの角膜炎

前回の病院行から2週間が経ち、カンナの目薬が無くなったので、再度病院へ。


今日は、年に一度のワクチン注射も兼ねています。



前回処方してもらった薬は、こちらの2種類です。

右側が抗生剤の目薬、左側は角膜の傷やドライアイの治療用目薬になります。


DSCN0224.jpg


両方とも1日5~6回の点眼を指示されましたが、昼間は不在なので平日は3回が限度です。


ヒアレインは、一度開封すると使い捨ての薬ですが、蓋を何個か付けてくださっていたので、1本で3回分

ありますからその日のうちに使い切っています。全部で20本処方されました。



今日の診察では、まだあまり状態の改善は見られず、かと言って抗生剤を使い続けるのは身体の負担に

なるので、別の薬が処方されました。



DSCN0226.jpg



オプティミューンは、乾燥性角結膜炎や慢性血管性角膜炎のような免疫関与の病気に作用する軟膏です。


液体ではなく軟膏ですが、病院で投与の仕方を教えてもらうと、チュウブから直接眼球に塗る薬なので、

自分でできるか不安でした。

この薬は、量が少なくてお高いのにビックリ!ビジネスホテル等で歯ブラシとセットになっている歯磨き粉の

チューブよりまだ少ない量です。

病院価格で1本6,480円は、正直イタイ!

両眼に使うので、2~3週間分くらいでしょうか。。。

調べたら、1ヶ月以内で使い切らなければいけない薬のようです。

免疫性の病気なので、今後ずっと使い続けることになりそうです。


カンナはこれまで、ナナと違って、ヘルニアの初期症状があっただけですぐに治ったし、殆ど病気らしい病気を

していないのでお金の掛からない子でした。


てんかん持ちだけど、数か月に一度程度の頻度で症状も軽いので、薬は飲んでいません。


今回の角膜炎は、飼い主がもっと早く気づいていれば軽度で済んだのに、見過ごしていた為に重症化させて

しまった病気です。

ワンコの目の病気というものには、あまり頓着がなかったことが悔やまれます。


今後の薬代は、“飼い主への罰”として素直に受け止めたいと思います。ごめんね、カンナ。



さて、ナナの方ですが。。


先日、検査機関に出していた血液検査の結果の報告をうけていたので、正式な書類を受け取りました。


DSCN0233.jpg


懸念していた腎臓機能には、特に異常なし!です。

検尿で比重が低かった為、腎臓の4分の3が機能していないかもしれない、と脅されましたが、検尿だけで

判断してはいけないということが判りました。



この後、カンナの6種混合ワクチンを済ませ、帰宅しました。


本日の病院代。


DSCN0228.jpg




前回と合わせると、45,000円ほどの出費です。


ワクチンも入ってますけど。。。ふぅ~。
スポンサーサイト


  1. 2017/06/09(金) 21:13:55|
  2. カンナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<笑ってしまう。 | ホーム | ご利益あるのかな?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/376-4a7279c4
| ホーム |