~ナナと一緒に~

ひとり暮らしの私“ゆみっぺ”と、ミニチュアダックスのナナ&カンナとの日常を綴ったブログです。

笑ってしまう。

カンナのお高~い目の治療薬“オブティミューン軟膏”ですが、獣医師の所見では免疫性の病気なので、

生涯使い続けなければならない薬です。


そこで、他のブログ等で同じような目の病気の症例を探していると、思わず笑ってしまう内容が書かれて

いたブログを見つけました。


同じオプティミューンについての記述で、この薬の見た目と実際が全く違うところの指摘でした。


DSCN0226.jpg



↑は、箱から出したばかりの未使用のオプティミューンです。






そして、これは、使い始めて3日目の写真。


DSCN0240.jpg




“うそでしょ?!”


軟膏のはずなのに、最初は液体で出てきました。

しかも、開封前の“上げ底”のような、いかにも、“チューブ全体に入ってますよ”感。。。。

「半分は空気だわ・・・・・。」

初日から、ほぼ見た目は同じです。




DSCN0241.jpg



使用期限を見ると、2018年2月です。 あと8ヶ月しかありません。

普通、医薬品って2年以上使用期限があるものをくれると思うのですが、ネットで調べると1ヶ月以内で

使い切るようにとあるので、元々使用期限が短い薬なのかもしれませんが。。。


でも、最初にもらった時に、外箱が少し黄色く変色していたので、ストック期間が長いのでは?と感じて

いました。

おまけに、最初に出てきたのは、結構な量の液体でしたし。


次の日も液体状で出てきたら、病院へ行って新しい物に取り換えてもらうつもりでした。

ただ、2日目は軟膏で出てきたので、そのまま使っています。


それにしても、見た目の半分しか入っていないのにはビックリ!

この量で6,480円は、詐欺にあった気分です。



この薬について、色々調べていたら、同じ思いを持たれたブロガーさんが写真付きで載せていたので、

思わず笑ってしまった次第です。



調べていく中で、オプティミューンのジェネリック薬が出ていることを知りました。

ただ、人間の病院と違って、動物病院ではジェネリック薬は扱っていないと思います。

外国製の為、自己責任で個人輸入もしくはその取扱いのあるショップからの購入になります。


薬の成分は同じでも、リスクはない訳ではありません。

何かあった場合の補償は無いし、副作用の責任は飼い主本人に掛かります。


ステロイド系の薬は使いたくないので、他に何か良い薬は無いのか、模索中です。


ナナの腎臓の件と言い、カンナも誤診だと良いのですが。(だったらヤブ医者になるけれど・・・)

涙液量は、左が23で右が18だから、ドライアイではないはずだけどな~。

処方される薬がドライアイ用がメインなのが気になる。。。。


2~3週間後に再診に行く予定ですので、それまでに治るといいね!カンナちん♪



DSCN0071.jpg
スポンサーサイト


  1. 2017/06/13(火) 22:57:42|
  2. カンナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今年の初完熟マンゴー | ホーム | カンナの角膜炎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nana0417.blog17.fc2.com/tb.php/377-3c7083f1
| ホーム |